元南海・門田博光さん死去 74歳 プロ野球歴代3位の567本塁打が死去

プロ野球・南海(現ソフトバンク)ホークスの長距離打者で、1988年に40歳で本塁打、打点で2冠に輝いた門田博光(かどた・ひろみつ)さんが死去したことが24日、分かった。74歳。兵庫県警の警察官が県内の門田さんの自宅を訪れ、亡くなっていることを確認した。

48年、山口県小野田市(現・山陽小野田市)生まれ。奈良県に移住後、天理高では外野手で65年夏の甲子園に出場。社会人野球のクラレ岡山を経て、ドラフト2位で70年に南海に入団した。2年目の71年に120打点でタイトルを得て以降は主軸で活躍。79年の春季キャンプ中に右足のアキレスけんを断裂したが、80年に41本塁打を放って復活。81、83年に本塁打王を獲得したほか、40歳になった88年に44本塁打、125打点で2冠を獲得して史上最年長の最優秀選手に選ばれた。40代での「40本超え」は史上初めてで、「中年の星」と呼ばれた。南海が球団をダイエーに譲渡した88年オフにオリックスに移籍。91年からはダイエーでプレーし、92年に引退した。

実働23年間で2571試合、プロ野球史上4位(日米通算を除く)の2566安打、同3位の567本塁打を放ち、通算打率は2割8分9厘。2006年に野球殿堂入りしている。

お悔やみメッセージを投稿してみませんか

コメントは受け付けていません。