「人形の家」大ヒット 歌手の弘田三枝子さん死去、73歳が死去

「砂に消えた涙」や「人形の家」のヒットで知られる歌手の弘田三枝子(ひろた・みえこ、本名・竹永三枝子=たけなが・みえこ)さんが21日、心不全のため死去した。73歳。葬儀は近親者で営んだ。

小学生の頃から米軍キャンプで歌い始め、1961年、「子供ぢゃないの」でデビュー。その後、「ヴァケーション」「すてきな16才」などのカバーポップスでヒットし、「パンチのミコちゃん」と呼ばれる国民的な人気歌手に。62年にNHK紅白歌合戦に初出場し、計8回出場した。69年には「人形の家」をリリース。ミリオンセラーとなり、「日本レコード大賞歌唱賞」を受賞した。レナウンのCMソング「ワンサカ娘」を歌ったことでも知られる。また、自身のダイエット体験をつづった「ミコのカロリーBOOK」が大ベストセラーとなり、ダイエットブームの先駆者ともなった。

お悔やみメッセージを投稿してみませんか

お悔やみの言葉を残す